未分類

信頼関係構築の利点

相続税関連の情報や知識に関しては、インターネット上の各種配信や関連書物を通じ、自身でも収集からの確認理解が十分可能であり、税理士に頼らず全てを自己対応される方々も大勢おられます。ですがこの積極的な姿勢が、申告を受ける税務署側の目をより厳しくさせてしまう「皮肉な現実」を、ぜひこの機会に知っておいてください。

なぜなら税理士を通さぬ1個人からの相続税申告は不備が多く、それは確固たるデータとして税務署側に残されてしまっており、この傾向は残念ながら改善される兆候が見当たりません。複雑な専門知識と細かい作業が求められるが故、申告する側からすれば「致し方無い」部分ですが、法律に基づく作業である以上、僅かな不備も許されないのが現実です。結果修正申告の対応を、時に複数回くりかしえ求められてしまうなど、無意味な時間と労力を費やしてしまう展開も否めず、申告者にとって大きな負担となってしまいます。

こうしたリスクからのデメリットを回避する上でも、税務署側が「税理士を通しての申告だから基本大丈夫」と踏まえての提出書類での相続税申告がベストであり、税理士に支払う費用面を含めて検証しても、税理士へ相続相談をすることが結果的に金銭的なメリットと安全面双方の確保が叶うといえるでしょう。

未分類

税理士という選択肢

相続に関し、クリアすべき何らかの問題が生じた場合、あるいは相続税関連の法的に必要とされる手続きを期限内に円滑に終えるに際しては、やはり然るべき専門知識と実績を有する税理士の力添えが見過ごせません。何より複雑な専門知識が求められるため、自分1人で全てを対処する事も勿論可能ですが、その際に生じる諸々の負担、更には結果的なデメリットが避けられません。

ちなみに税理士に力添えを依頼するメリットを列記してみると、余分な手間暇に時間労力を費やす事無く、全てスムーズに運ぶ事が出来る点が真っ先に挙げられます。税理士に支払う金額の対費用効果を見ても、これだけでも十分なメリットが実感出来る程、相続税申告は非常に難しい作業です。自身で行った後に修正申告の必要に迫られてしまうなど、後々まで関連作業に手を取られてしまうリスクを回避する意味からも、信頼する税理士に一任する選択が賢明です。

また税理士の専門知識を駆使して貰う事で、結果相続税を自身の想定金額よりも、合法的に安く抑えられる可能性が見られます。更には相続税関連の相談のみならず、さまざまな相談を持ち掛けられる頼れる存在としても、早い時期に円滑なコミュニケーションが可能な環境の構築が望まれます。相続関連の相談を機に、税理士との接点を構築されておいて損はありません。

未分類

相続相談先を考える

その金額屋内容に関わらず、相続問題は全ての人達に摂って、時に非常に複雑かつ厄介な展開を見せるケースが少なくありません。中には遺言などを準備から、残された家族間にトラブルが生じぬよう、可能な限りの事前準備に余念の無い方々も見られますが、全体から見ればあくまで少数派に属するのが現実です。何より私達は誰しも、日常自身がこの世を去るその時を意識しながら暮らしている訳ではありません。厳密に言えば日々細やかな変化を見せる、自身の財産にばかり常に意識を向けていては、心豊かな毎日とは縁遠くなるばかりです。

それでも遺産を残して逝ってしまう、残された家族親族間で相続なる難問と対峙せねばならない場面は、誰にも訪れる現実です。時に泥沼的な修羅場として語られる相続トラブルもまた、自分達とは無縁とは限らないのが「財産」なる存在が持つ、もしかすれば「魔力」なのかも知れません。何より人間の深層心理の中に眠る、普段は自身ですら意識していなかった深層心理が頭を擡げ、それらが複雑に絡まり合うが故のトラブルですから、最終的には法に基づく確かな専門知識を有する、然るべき人物の仲介あるいは力添えを仰がぬ限り、全員が合意納得する形での事態収拾は叶いません。

また全てが円滑に運んだとしても、私達は日欧、相続に関する十分な正しい専門知識に意識を向けている訳ではありません。ここでは以下、相続相談先として税理士を視野に入れるメリットに視線を合わせ、然るべき時の訪れに備えておきたいと思います。