相続相談先を考える

その金額屋内容に関わらず、相続問題は全ての人達に摂って、時に非常に複雑かつ厄介な展開を見せるケースが少なくありません。中には遺言などを準備から、残された家族間にトラブルが生じぬよう、可能な限りの事前準備に余念の無い方々も見られますが、全体から見ればあくまで少数派に属するのが現実です。何より私達は誰しも、日常自身がこの世を去るその時を意識しながら暮らしている訳ではありません。厳密に言えば日々細やかな変化を見せる、自身の財産にばかり常に意識を向けていては、心豊かな毎日とは縁遠くなるばかりです。

それでも遺産を残して逝ってしまう、残された家族親族間で相続なる難問と対峙せねばならない場面は、誰にも訪れる現実です。時に泥沼的な修羅場として語られる相続トラブルもまた、自分達とは無縁とは限らないのが「財産」なる存在が持つ、もしかすれば「魔力」なのかも知れません。何より人間の深層心理の中に眠る、普段は自身ですら意識していなかった深層心理が頭を擡げ、それらが複雑に絡まり合うが故のトラブルですから、最終的には法に基づく確かな専門知識を有する、然るべき人物の仲介あるいは力添えを仰がぬ限り、全員が合意納得する形での事態収拾は叶いません。

また全てが円滑に運んだとしても、私達は日欧、相続に関する十分な正しい専門知識に意識を向けている訳ではありません。ここでは以下、相続相談先として税理士を視野に入れるメリットに視線を合わせ、然るべき時の訪れに備えておきたいと思います。